私、区分良子、お酒は唯一裏切らない存在と思っている30歳。
現在は株式会社いざ売るカンパニーで一棟 売男さんのもと、不動産売買に悩む方々に対してのサポートをしております!
今回は人気の高い路線の沿線マンションを売る時、買う時のお話をしていくわね!

魅力溢れる東横線沿線

東横線は住んでみたい沿線ランキングで常に上位をマークするだけのことがあり、この路線は好感度が高くなる要因が盛りだくさんです。

ターミナル駅である渋谷・横浜間の約24kmを特急でわずか30分足らずでつなぎ、日比谷線・南北線・都営三田線・みなとみらい線が乗り入れていたり、乗り換え路線として東急大井町線、東急目黒線・多摩川線、JR南武線、横浜市営地下鉄グリーンライン、JR横浜線、と混雑も少なく非常にアクセスの良い路線でもあります。

東京エリアではおしゃれな街として人気の自由が丘、代官山、中目黒や高級住宅地で知られる田園調布など、ブランド偏差値の高い全国的にもメジャーな駅があり、富裕層や高所得者層が多いエリアです。

神奈川エリアの武蔵小杉は再開発でめまぐるしい変化をとげ、の若い主婦層をターゲットにしたショッピング施設なども多く、ファミリーに人気急上昇です。

マンション売買でも選択肢の多い東横線沿線

東急東横線は開発の歴史も古いため、築年数も古いものから新しいものまで幅広く揃い、選択肢が多いのも人気のひとつでしょう。
この沿線の中古マンションの売買価格の推移をみると、今年は平米単価で万単位の上昇傾向が見られており、首都圏の他の沿線と比べ、上昇率の高い路線となっています。

当然ながら上昇傾向の地域では、さらなる上昇に期待が強まります。
沿線の一部地域では売却物件数の減少傾向が見られ、売控えが起きているとも考えられます。
人口が減少するなかで、より一層厳選された魅力あるエリアに人気が集中してきており、中古マンション市場においても格差が広がりつつあるようです。

また競合する物件が少ないと、高めに取引されるケースも多いため判断が難しい部分もありますが、来年の路線価や公示地価の動向が気になるところです。

人気があり価格変動が少ないこの沿線では、物件の買い替えなどする際の安心感もあります。
中古マンションを住宅ローンで購入した場合には、ローン残高の減り具合を上回るような価格の下落があると、売却額がローンの残高より少なくなってしまうため足りない分を持ち出さなければならなくなります。
そうなると賃貸住宅の家賃を払っているのと変わらないようなことにもなります。

そういった意味でも、価格の安定する人気エリアをチョイスすることのメリットは大きいため、さらに人気に拍車がかかるのです。

良子的穴場駅

そんな東横線では特に人気なのは急行停車駅ですが、中古マンション相場も若干高めになるため、各駅停車ですが良子的密かに人気の穴場的な駅をご紹介いたします。

祐天寺駅

昭和2年開業
中目黒駅の隣駅で徒歩でも15分の距離。
駅前には小さな商店街がいくつかあり、都心でありながら落ち着いた住宅街が広がる街並みです。
業界人や美容師、アパレル関係者が多く住んでおり、仕事終わりでも立ち寄れるような深夜まで営業している古着屋が点在している珍しいエリアです。
中古マンションは築40年以内の比較的古い物件価格が昨年より少し下がり傾向にあり狙い目です。

大倉山駅

大正15年開業(駅名変更前)
新横浜へは隣の菊名駅からJRで1駅という非常に便利な立地です。
1970年代の第二次マンションブーム時代に建築された広めのマンションも多い為、神奈川県内では再開発の盛んな武蔵小杉駅周辺の築浅マンションと比べると、同じ面積でも平均的な年収のサラリーマンが購入しやすい価格のマンションが多くファミリータイプが人気です。
駅から10分前後、築30年程度の古い物件をリフォームやリノベーションしている物件が多くあります。

白楽駅

大正15年開業
白楽駅は、乗り換えなしで横浜まで5分、渋谷までは菊名駅で乗り換えてから約28分という非常にアクセスの良いエリアです。
神奈川大学の最寄駅でもあり、駅から大学までの道のりが商店街となっています。
他にも複数の商店街が並び、学生が多く元気な街です。モデルケースとなるほどのイベント企画なども充実した商店街で、古き良き雰囲気を持つこの街は撮影スポットになることも多くあります。
日常生活が便利で比較的治安の良い白楽は、穴場のエリアで、ファミリータイプの他に面積の小さめなシングル向けマンションの物件も多いのが特徴で、価格の変動も少なく安定しています。

いずれも、レトロな情緒あふれるおちついた街並み、大型ショッピングモールに押され気味な昨今では珍しい活気ある商店街で日常生活も便利、家ではのんびりした時間を大切にしつつも通勤や通学、ショッピングなどで利便性の高さを求める人に人気の住環境です。

東横線は、こういった魅力ある各駅停車駅があることや主要ターミナルをつないでいることもあり、首都圏の私鉄沿線のなかでは他の地域にないような地価の分布となっています。
一般的には、都心から遠ざかるほどに徐々に安くなりますが、この沿線は人気の駅が点在するため他の沿線の地価のような状況が当てはまらないのが特徴的なので、売却や買い替えに有利な地域とも言えるでしょう。